スタッフに緊急アンケート!
イタリアで衝撃を受けた料理は?
美味しくて衝撃!見た目が衝撃!など
気になる料理がたくさん♪

イタリアの大きな魅力の一つ「食」

地域の食材を生かして作られた郷土料理や
古い歴史の中で生まれた料理の数々。

太陽の恵みと自然豊かな土地で育った
イタリアの食材を活かした料理は
美味しいだけではなく、とても個性的です。

ここではイタリア通のスタッフ達が
アッと驚いた料理をご紹介していきます。

まずはイタリア北部からご覧下さいませ!

目次

ロンバルディア州
1.ピッツァ・アル・トランチョ@ミラノ
2.パッパルデッレ@イゼオ湖畔

ヴェネト州
3.クモ蟹のサラダと潮の香りのするワイン@ヴェネツィア
4.馬肉のワイン煮込み ポレンタ添え@ヴェローナ

エミリア=ロマーニャ州
5.ポルチーニ茸のフルコース@ボルゴ・ヴァル・ディ・ターロ
6.サービス係に驚き!@ボローニャ

 

**********************

ロンバルディア州

1.ピザが分厚くてパンケーキみたい!
ピッツァ・アル・トランチョ@ミラノ

トランチョ(Tracio)は、「一切れ」という意味で、その名の通り「一切れのピザ」という名前の付いたピザです。イタリアのピザといえば一人で一枚の大きなピザを食すナポリピザなどが有名ですが、この料理は大きなピザをカットして食べるスタイルです。まるでパンケーキのような見た目で、一切れでもボリューム満点です。北部ロンバルディア州やエミリア=ロマーニャ州で見かけられます。スタッフはイタリアを代表する温泉地のひとつ、サルソ・マッジョーレで出会いました。

【お店情報】
リストランテ・ピッツェリア・リンコントロ(Ristorante Pizzeria L’incontro)
住所:Viale Berenini, 6 Salsomaggiore Terme
電話番号:+ 39 0524574479
営業時間〔12:00~14:00(水曜を除く)、19:00~23:00〕
定休日:水曜ランチ

 

2. パスタのネーミングがいいね!
淡水イワシのパッパルデッレ@イゼオ湖畔

パッパルデッレの意味は「豪快に食べる」「食いしん坊」という意味で、平たいリボンのような形をしたパスタです。平たいパスタの中でも幅と厚さがかなりあるので、名前の通り食べ応えがあります。ロンバルディア州イゼオ湖畔の食堂で写真のパスタに出会いました。淡水イワシで和えてある地元ならではの珍しくて美味しいパスタは絶品です。

【お店情報】
トラットリア・アウロラ(TRATTORIA AURORA)
住所:Via Papa Giovanni XXIII, 40 – 24065 Lovere
電話番号:+39 035 077 6342
営業時間:〔月・水~日:12:00~16:00、19:00~22:30〕
定休日:火

 

ヴェネト州

3.衝撃のマリアージュ
クモ蟹のサラダと潮の香りのするワイン@ヴェネツィア

ヴェネツィアのラグーン(潟)には、かつて多くのぶどう畑がありました。16世紀、修道士たちの日々の営みから発展し、現在は限られたエリアでしか作られなくなったワインですが、海水・潮風を受けて、独特の風味をまとったぶどうから作られるワインは、とてもヴェネツィアらしいものです。スタッフがいただいたのはサンテラズモ島のオルト・ディ・ヴェネツィアというワイン。“ヴェネツィアの畑”と呼ばれる農業が盛んなサンテラズモ島で作られた美味しい白ワインを名物のクモ蟹サラダと一緒に食べるのがおすすめです。

かすかに感じる白ワインの塩味と、クモ蟹のさっぱりとしたサラダは、新感覚のマリアージュです!ぜひ体験してみてください!

【お店情報】
トラットリア・ダ・ロマーノ(Trattoria da Romano)
住所:Via S.Martino Destra 221, Burano Venezia
電話番号:+39 041 730030
営業時間:〔月・水~日:12:00〜15:00、18:30〜23:30〕
定休日:火

【おすすめのワイン】
サンテラズモ島のオルト・ディ・ヴェネツィア Orto di Venezia(Sant’Erasmo島)

 

4.イタリアでも馬を食べるんですね!
パスティッサーダ(馬肉のワイン煮込み) ポレンタ添え@ヴェローナ

パスティサダの起源は、5世紀まで遡ります。当時ヴェローナは、激しい合戦により敵に繰り返し包囲されました。激しい戦場跡に横たわった馬たちを空腹の兵士たちが食べたのが起源だとされています。馬肉をワインに入れ、芳香性のハーブと混ぜて臭みを消しながら煮込む調理法でこの地域での名物となりました。ポレンタと呼ばれるトウモロコシの粉から作られたお粥のようなものと一緒によく食べられます。

ヴェローナ近郊のヴァルポリチェッラで作られる美味しくてコクがある上質な赤ワインと合わせて食べるのがおすすめです!

【お店情報】
オステリア・ソットリーヴァ(Osteria Sottoriva)
住所:Via Sottoriva, 9, 37121 Verona
電話番号:+39 045 801 4323
営業時間:〔月~火・木~日:11:30~15:30、18:00~22:30〕
定休日:水

【おすすめのワイン】
ヴァルポリチェッラ・スペリオーレ VALPOLICELLA  SUPERIORE

 

エミリア=ロマーニャ州

5. 前菜からデザートまで全てがポルチーニ茸!
ポルチーニ茸のフルコース@ボルゴ・ヴァル・ディ・ターロ

秋に旬を迎える香り高いイタリアを代表するきのこ、ポルチーニ茸。ボルゴ・ヴァル・ディ・ターロ(Borgo Val di Taro)は人口約6900人のとても小さな村ですが、イタリア屈指のポルチーニ茸の産地です。顔くらいありそうな大きさのポルチーニ茸を前菜からデザートに至るまでふんだんに使ったコース料理が忘れられません。世界三大キノコのポルチーニ茸、香り高くて高級な素材をこんなに贅沢に味わえるのはここならではの楽しみ方ではないでしょうか。

【お店情報】
アグリツーリズモ・レ・クエルチョーレ(Agriturismo le Querciole)
住所:Loc. San Pietro 43043 Borgo Val di Taro
電話番号:+39 0525 96810

 

6.サービス係に驚き!
老舗レストラン『DIANA』@ボローニャ

ボローニャ料理は種類の多さと豊かさで知られており、典型的な料理は肉や卵パスタを用いたものです。そんな美食の都ボローニャで伝統的な料理を召し上がりたい方にピッタリのレストランをご紹介します。こちらのリストランテ・ディアーナでは白衣に身を包んだスタッフがサービスをしてくれます。レストランのウェイターというよりも給仕係といった風貌。ボローニャの老舗レストランで昔ながらの食事と伝統的なボローニャスタイルを体験したい方にとってもおすすめのレストランです。

【お店情報】リストランテ・ディアーナ(DIANA)
住所:Via Volturno, 5 Bologna
電話番号:+39 051 231302

 

以上、スタッフが衝撃を受けた料理~イタリア北部編~をご紹介しました。

イタリアは食の宝庫ですので、美味しい料理だけでなくアッと驚く料理とたくさん出会えると思います。

今回ご紹介したい地に訪れる機会がございましたら、是非召し上がってみてくださいませ!

※当ページに記載の情報は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承くださいませ。

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要