フィレンツェB級グルメの代表格!
ランプレドットのパニーノ

肉料理のバリエーションが豊富な街フィレンツェは
モツ料理をこよなく愛する土地でもあります。
そんなフィレンツェ人に昔から愛されている
ストリートフードの代表格が、ランプレドットです。
寒い冬、屋台で頬張る熱々のモツは格別な味!

ランプレドットとは、牛の第4胃を様々な野菜やハーブと一緒に煮込んだ郷土料理です。
フィレンツェの街を散歩していると至るところに車屋台が出ていて、ランチ時ともなれば長い行列ができていることもしばしば。
地元民はそれぞれに自分のお気に入りの屋台を持っていて、立ったまま豪快にランプレドットを頬張ります。ランプレドットはフィレンツェの庶民に愛される、手軽に食べられるストリートフードなのです。

注文すると、店主が鍋からランプレドットの塊を取り出し、刃物で細かく切ってくれます。
この時、「サーレ エ ペーペ?(塩とコショウは?)」などと味付けを聞かれるので、準備しておきましょう。
大抵の場合は塩、コショウ、サルサ ヴェルデ(緑のソース)、ピッカンテ(唐辛子)の順に味付けして良いかを聞かれるので、一番簡単なのは「シ (はい)」と答えることでしょう。全部のせで良い場合は、一言で「コンプレート」と言っても良いです。
サルサ ヴェルデとは煮込んだ肉によくかけられる緑色のパセリのソースです。細かく刻んだイタリアンパセリと少量のニンニク、オリーブオイルを混ぜたソースで、肉の臭みを押さえて爽やかな味にしてくれます。
辛味が苦手な方は「センツァ ピッカンテ ペルファボーレ(辛味抜きにしてください)」や「センツァ ペーペ ペルファボーレ(コショウ抜きでお願いします)」と言うこともできます。
特に希望がなければ、最初はノーマルな全部のせで食べてみることをオススメします。それぞれの店の店主が思う、一番美味しい味付けにしてもらえますよ。

見てくださいこのボリューム!
パンがとっても大きくて、思いっきり広げた手のひらくらいの大きさです。直径20cmはありそうなパンに、こぼれ落ちるほどランプレドットが詰め込まれていて、食べごたえ満点。気取らずに、手や口を汚しながら思い切りよくかぶりつくのがフィレンツェ流です。
値段は店によって違いますが、3〜5€程度ととってもリーズナブル。パンに挟んだパニーノではなくプラスチック容器に入れてもらうこともできますが、その場合は4〜6€程度です。

何時間も野菜と一緒にコトコト煮込んだモツは、まったく臭みがなくてトロトロに柔らかい!見た目のボリュームに反してアッサリ味で、あまりクセがありません。
赤ワインと好相性なので、好きな人は是非一緒に注文しましょう。プラスチックのコップに入れられた赤ワインは、1杯1€〜でオーダーできます。
陽気な店主と常連さんたちのお喋りを聞くのも楽しみの一つ。素顔のフィレンツェに出会えるストリートフードの定番、ぜひお試しあれ。

(記事:佐藤モカ)

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要