ステンドグラスの町 メッス

古代ローマ時代から交通の要衝として栄えた町メッス。
町の教会は、シャガールやコクトーのステンドグラスが彩ります。
そして現代アートの殿堂、ポンピドゥー・センター別館、
ドイツ統治時代に当時最先端の様式で建造された鉄道駅など
見どころ盛りだくさん。
人気ショコラティエでお土産もゲット♪

 

メッスはパリからストラスブール、またリヨンからドイツ方面へ通じる交通の要衝に位置します。

中世にはユダヤ人の両替商が住み、金融業で栄えました。

荘厳な大聖堂やクール・ドール博物館で、繁栄の歴史を伺うことができます。

 

ステンドグラスの教会たち

メッス サンテティエンヌ大聖堂

サンテティエンヌ大聖堂

ゴシック様式のサンテティエンヌ大聖堂では、13~20世紀のさまざまな様式のステンドグラスを一望することができます。

メッス サンテティエンヌ大聖堂

メッス サンテティエンヌ大聖堂

ステンドグラスの総面積は6,500㎡に及び、ヨーロッパ最大級!!

特に注目の作品は、シャガールによる「天地創造」です。著作権の関係で掲載できませんが(汗)、メッスを訪ねた際はぜひご覧ください♪ 建物の西にあり、特に夏の夕暮れに美しい光が入ります☆

 

もう一つのおすすめは、サン・マキシマン教会

メッス サン・マキシマン教会

サン・マキシマン教会

「私の耳は貝の殻 海の響きを懐かしむ」の詩でおなじみのジャン・コクトーが手がけたステンドグラスをご覧になれます。

シャガールとコクトーはほぼ同時代に活躍しました。

実はもともと、コクトーのステンドグラスが大聖堂に使用される予定でしたが、内容が宗教的でなかったため、取り下げられてしまったとか…

メッス サン・マキシマン教会

コクトー自身の映画『オルフェの遺言』『美女と野獣』などをテーマにしています。

メッス サン・マキシマン教会

制作途中で本人が亡くなったため、建物側面のステンドグラスは彼がデザインした「星」を散りばめています。

淡い色彩が心地よい☆

 

ポンピドゥー・センター・メッス別館

ポンピドゥー・センター・メッス

メッスの新しいシンボル、ポンピドゥー・センター別館

2010年5月にオープンした、モダンアートの美術館です。

ポンピドゥー・センター・メッス

日本人建築家、坂茂氏がフランス人建築家と共同設計しました。

その後、坂氏は「建築界のノーベル賞」と言われるプリツカー賞の2014年受賞者になりました。

ポンピドゥー・センター・メッス

「シャポー・シノワ」(中国の帽子)という曲線形の屋根が目を引きます。

パリのポンピドゥー・センター所蔵品を中心としたスケールの大きい企画展が人気です。

ポンピドゥー・センター・メッス

館内の大きなガラス窓から見えるサンテティエンヌ大聖堂に注目!

ポンピドゥー・センター・メッス

窓に近づけば近づくほど、大聖堂が小さくなっていく…?!

ぜひ現地で体験してみてください♪

 

フランスの美しい駅 メッス・ヴィル駅

普仏戦争から第1次大戦の間、メッスはドイツ帝国領となりました。

当時整備されたエリアが「インペリアル地区」として残っています。

メッス・ヴィル駅

その中心的モニュメントが、今も利用されているメッス・ヴィル駅です。当時最もモダンな駅舎として建設されました。

スピーディーな輸送のため、終着駅形式ではなく、列車が通りぬけられる形式です。

メッス・ヴィル駅

「お金持ち用レストラン」のレリーフ

庶民用レストランのレリーフ

「庶民用レストラン」のレリーフ

駅に残る昔のお金持ち用レストラン、庶民用レストランのレリーフです。字が読めない人でもわかるよう、ビジュアルで表示しています。

メッス・ヴィル駅

ハネムーンのレリーフも♡

メッス・ヴィル駅

皇帝専用の待合室

皇帝専用の待合室

豪華なステンドグラスが飾られているのは、当時の皇帝ヴィルヘルム2世専用のお部屋です。

メッス・ヴィル駅

駅前の近未来的な街灯はフィリップ・スタルクのデザインです♡

 

メッスのグルメ

ラブレーの食卓

「ラブレーの食卓」は、メッス観光局が選定したメッスと近郊のレストラン、食材店約30軒のシンボルです(2020年現在)。クオリティの高い料理、食材をお楽しみいただけます。

(ラブレーは、美食家としても名高かったルネサンス時代の文筆家です。『ガルガンチュアとパンタグリュエル』で知られています)

メッス レピキュリアン

ラブレーの食卓認定を受けたレストランの一つ、「レピキュリアン」の前菜です。

コクトーのステンドグラスがあるサン・マキシマン教会の近くで、観光中も立ち寄りやすいロケーションです。

 

L’épicurien
住所: 33 r Vigne St Avold, 57000 Metz
水曜休

「ラブレーの食卓」(英語)

そして、日本でも人気の高いショコラティエ「フレッソン」。実はメッスにあります!

フレッソン

フレッソン

フレッソン

一つずつ買えるボンボン・ショコラに加え、フランス北東部の名物パン・デピス(スパイスの利いたパウンドケーキ)など、珍しいスイーツも販売しています。

2階のカフェもおすすめです。

 

FRESSON
17 Rue du Grand Cerf, 57000 Metz,
月曜休

 

メッスへのアクセス

パリから:  パリ東駅からTGVでメッス・ヴィル駅まで約1時間30分

ナンシーから: TERでメッス・ヴィル駅まで約40分~1時間

 

フランス旅行はRelais Franceにおまかせください!

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要