100年以上の歴史を誇る
1890年創業の老舗で食す
ポルケッタ

食の宝庫イタリアで千年以上の伝統を誇る豚肉料理
ローマの貴族が避暑の為に訪れていたアリッチャで
長きに渡って生き続け、大変厳しい品質保証制度
I.G.P.(保護指定地域表示)に認定され
特産品保護指定されているのがアリッチャの『ポルケッタ』
知る人ぞ知る『エル ブケット』でローマ伝統名物料理
『ポルケッタ』を堪能しよう!

 

ローマ テルミニ駅近く、『小さい穴=エル ブケット』は、その名の通り、見逃してしまいそうなくらい小さなお店です。間口は狭く店内にはテーブル席が3つあるだけ。少々入りにくい雰囲気ですが勇気を持って入りましょう。

入口すぐ右に名物にしてそして唯一のメニュー『ポルケッタ』が置かれています。
ポルケッタは、子豚に塩、にんにく、ローズマリーをつめてじっくりと焼き上げた子豚の丸焼き。古代ローマ時代に収穫祭やカーニバルの時に欠かせないおもてなし料理として振舞われていたそうです。今日のポルケッタのレシピがどこで生まれたものなのかは謎に満ちていてはっきり分かりませんが、ローマ近郊の街アリッチャの人々は、我が街こそ元祖と主張しています。

アリッチャの街

イタリアでは古くから豚を食べる習慣があり、今日ポルケッタはマルケ州、ウンブリア州、トスカーナ州をはじめエミリアロマーニャ州そしてベネト州まで、イタリアの中央および北部地域の郷土料理となっており、イタリア人には馴染みの味です。
数時間ゆっくり焼き上げるポルケッタ。茶色でクリスピーな皮のおかげで中の肉は乾くことなく、柔らかさが保たれています。

『エル ブケット』のポルケッタはもちろんローマ近郊の街アリッチャから届く質の高いポルケッタ。食べ方は2通り。イタリアの特徴的な少し固めのパンに挟んでパニーノにしてもらうか、紙に乗せられたポルケッタをそのまま食べるか。計り売りなので、食べたい量だけ注文出来るのがうれしいです。
ポルケッタは目の前で切り分けてくれます。

ポルケッタをアリッチャ近くの街フラスカーティのワインと合わせるとまさに絶妙、至福のひととき。
完璧なAbbinamento(アッビナメント:イタリア語で料理とワインの相性を意味します)で、食が進みます。
小さなお店なので混雑している時は相席が当たり前。新しい客が入ってくると座っている人たちは横にずれて座れる場所を作ってくれます。ポルケッタを頬張りながら相席となった人と会話をするのも楽しいですね。
ローマ テルミニ駅の近くにありながら、そこだけ時間が止まってしまったかのようなレトロな雰囲気の空間がそこにはあります。さっと済ませたいランチや小腹の空く夕暮れ前に利用すると便利なスポット。地元でも人気でお店の前にしばしばポルケッタのパニーノを求める長い行列が出来ます。ぜひ、本物の味をお試し下さい。

 

【レストラン情報】
ER BUCHETTOエル ブケット
住所:Via del Viminale, 2F, 00184 Roma
電話番号:(+39)329-965-2175

(記事:かつみ)

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要