イタリア トリノで甘~い休日
チョコレート好き必見!
進化し続けるトリノのチョコレート祭り

かつては、媚薬としても珍重されたチョコレート。
そんなチョコレートのお祭りがトリノで年に一度開催されます。
トリノ名物ジャンドゥイオット、宝石のようなチョコレート、
そして寒い冬には欠かせないチョコレートドリンク、
チョコラータカルダが一度に楽しめるイベントです。
甘い香りに包まれ優雅なトリノの街を心ゆくまでお楽しみください。

 

トリノといえば、イタリア建国に際し、最初の首都となった街。王宮には世界中の名品、逸品が集まりました。その時代に希少だったカカオも例外ではなく、飲み物から始まり、食べるチョコレートへと変貌を遂げ、時代を超えて愛され続けることとなります。そんな歴史あるトリノとチョコレートの関係。スイスにチョコレート技術を伝授したのはトリノの職人であることも明かされています。

王族、貴族にもこよなく愛されたチョコレート。気品あふれるトリノの街では、チョコレート祭り、CIOCCOLATO`(チョッコラート)は、昔から地元の人に愛されるお祭りとして開催されていましたが、2年前から主催者が変わり、広報やイベントにも力を入れ、お祭り感がより一層高まっています。

入場料も無料のこのイベントは、昔から“トリノのサロン“と呼ばれる街を代表する美しい
サン・カルロ広場と、トリノのメインストリートであるローマ通りに露店が並びます。その場で購入できるので食べ歩きやお土産にもぴったりです。

やはり、トリノに来たら、トリノで生まれたジャンドゥイオットは是非ご賞味ください。
ジャンドゥイオットとは、カカオの入手に制限がかかった時代、ピエモンテ州の特産物であるヘーゼルナッツをすり潰し、カカオと混ぜ合わせて作った苦肉の策の一品です。それが、現在では功を奏し、世界中で愛される一粒のチョコレートとなりました。ローストしたヘーゼルナッツとカカオのアロマは格別で、味はもちろん、ボートを逆さまにしたような、と例えられる三角形の愛らしいフォルムは、一度手に取り、味わってみると記憶に残ることでしょう。

チョコレートブースが並ぶ一角に、チョコレート細工に勤しむ職人さんの姿も。
作品は、写真手前に移っている模型にもあるトリノのシンボル、トリノタワー。
正式名は、モーレ・アントネッリアーナといい、現在は、映画博物館になっています。
食と芸術のコラボレーションも自然と溶け込んでいます。

お時間のある方は、イベントにも参加してみてはいかがでしょう?10日間に渡り開催されるこのお祭りは、チョコレートに関するイベントが定期的に行われます。参加方法は、当日その場で空きがあれば参加できるタイプのものがほとんどですが、中には、事前に予約のいるもの、費用が発生するものもあります。時間が読めないという方や立見でよいという方であれば、イベントが始まってからでも後ろで視聴することも可能なイベントもありますので雰囲気だけ楽しむのもよいでしょう。

年々、お店の数の増加とともに、チョコレート以外にもケーキやクッキー砂糖菓子など甘いものが軒を連ねるようになりました。

出店者もバラエティーに富み、トスカーナのカントゥッチ。シチリアからは、モディカのチョコレートやカッサータにカンノーロ。そして彩り鮮やかな果物のマジパンも並びます。

お隣おフランスのブルターニュ地方からは、バターたっぷりのビスケット類やマドレーヌも人気があります。

今年2020年の日程は、10月30日~11月8日と決定しました。トリノには、このお祭り以外にも老舗カフェやお菓子屋さん巡りなど甘いもの好きの方には外せないスポットがたくさんあります。どうぞこの機会にトリノへご旅行の予定を立てられてはいかがでしょう?

(記事:YUCA)

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要