世界遺産の洞窟住居で生まれた
もちもち美味しいマテーラパンのサラダ

イタリアでは、シンプルな料理ほど美味しい。
そう言われているのをご存知でしょうか。
クチーナ・ポーヴェラと呼ばれ、
シンプルだからこそ素材の味が生きていて、
毎日食べても飽きない料理として愛されています。
今回ご紹介するチャレッダもそんな一品。
南イタリアの世界遺産、マテーラの名物パンを
たっぷりと使ったシンプルなパンサラダです。

 

南イタリアのバジリカータ州に位置するマテーラ。ここには、巨大な石灰岩をくり抜いて作られた、ちょっと奇妙で独特の雰囲気を持った街があります。サッシと呼ばれるこの地区は、もともと迫害を恐れたギリシャ正教の修道僧や、この地の貧しい農民が洞窟の中に住んだのが始まりと言われています。長い年月のうちに小道や階段が作られ、現在の街の姿になりました。

そんなマテーラの名物料理として、多くの人に愛されているのがチャレッダと呼ばれるパンサラダです。もともとこの一帯は乾燥した岩場が多く、質の良い硬質小麦(デュラム小麦)が採れる場所として知られています。
その小麦を使って作られたのがパーネ・ディ・マテーラと呼ばれるパン。外皮はヨーロッパのパンらしく少し固めてカリカリしていますが、中はしっとりもちもちした食感で、日本人にとっても馴染み深い食感。マテーラの家庭では1日1kg消費するのも珍しくないという食卓には欠かせない存在で、市街からも多くの人が買いに訪れるほどです。

今回ご紹介するチャレッダは、このもちもちの名物パンをたっぷりと使ったパンサラダです。ザクザクと大きめにカットしたパンにルッコラやオリーブ、ドライトマトなどを混ぜ、南イタリアの風味豊かなオリーブオイルをたっぷりと回しかけたら出来上がり。お好みで塩と粗挽きの胡椒で味を整えていただきます。

サラダと聞くとメイン料理の付け合せを想像する方もいるかもしれませんが、チャレッダに使われるパーネ・ディ・マテーラはもちもちとして食べごたえがあり、一品でもしっかりお腹がふくれます。南イタリア、特に夏場は暑くなるのでさっぱり軽く食べたいときにはピッタリの一品。もちろん、観光の合間のランチにもおすすめです。

名物のマテーラパンをたっぷりと使ったチャレッダ。マテーラならどこでも見つけることができますが、気軽に食べるなら旧市街地にあるパンビーニャがおすすめ。洞窟住居のあるサッシ地区に位置しておりアクセスもいいので、観光の合間にぜひ立ち寄ってみてください。

 

【レストラン情報】
パンビーニャ(Panvigna)
住所: Viale Bruno Buozzi 136, 75100, Matera
電話番号:(+39) 329-8030468

(記事:suzukikei81.com)

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要