ピエモンテ州の郷土料理
Vitello Tonnato
(ヴィテッロ トンナート)

野菜と煮込んだ仔牛を薄くスライスしたものに
ツナソースをかけた一品。
お肉にツナソース、と意外な組み合わせですが、
アンチョビ、ケイパー、卵、野菜と一緒に
煮込んだお肉のスープストックが入った、
マイルドながらコクのあるソースと
仔牛肉が相性抜群のレシピです。

 

ピエモンテ州で有名な、夏にピッタリの一品。ツナソースは家によって秘伝のレシピがあるらしく、マヨネーズが入った濃厚なものから、こちらで紹介したヘルシーで軽めのものまで様々です。大勢が集まる日曜日のランチやパーティ料理によく登場します。出来立てでも、前日に作っておいて冷蔵庫で休ませたものでも美味しくいただけます。
トリノに住んでいた時に、わが家の娘を自分の孫のように可愛がってくれたシニョーラ・エリーザに教えてもらったレシピを紹介します。

【材料】
<材料(写真左から時計回りに)塩、玉葱、卵、こしょう、ツナ缶、クローブ、白ワイン、アンチョビ、オリーブオイル、ケイパー、仔牛肉、にんじん、ローリエ、にんにく、セロリ>

・仔牛もも肉(仔牛のもも肉が無ければ、豚ロース肉でも代用可) 500g
・玉葱 大さじ2
・にんじん 少々
・セロリ 1束
・にんにく 200g
・白ワイン 150cc
・ローリエ 1枚
・クローブ 2~3粒
・黒コショウ 適量
・エクストラバージンオリーブオイル 大さじ5
・卵 1個
・ツナ缶 1缶
・アンチョビ 3枚
・ケイパー 大さじ1

 

【手順】

1. 玉葱は2つに、にんじん、セロリは小さく切ります。

2. 鍋に仔牛肉、1.の野菜、ローリエ、クローブ、黒こしょう、にんにくを入れます。白ワイン、水1000cc、オリーブオイル大さじ2、塩少々を加えて中火にかけます。

3. 沸騰してきたらアクをすくい、蓋をして火を弱め30分程煮込みます。

4. 茹で卵を作り、冷めたら皮をむいておきます。

5. 3.から肉を取り出して冷まします。

6. 鍋に残ったスープから野菜を取り出し、ボウルに入れます(ローリエ、クローブ、セロリは除く)。

7. 6.にゆで卵、オイルを除いたツナ、アンチョビ、ケイパー、オリーブオイル大さじ3を入れ、スープを少量ずつ足しながらミキサーでなめらかなソースにします。

8. 5.の肉を薄く切り、お皿に盛り付けます。
9. 7.のソースをかけて出来上がり。

このツナソースは、茹で野菜につけたり、サラダのドレッシング代わりに使うのもお勧めだそうです。

(記事:ぱぺら)

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要