ローマのストリートフードを代表する
スップリ・アル・テレーフォノ

ローマ散策中、切り売りピザ屋に立ち寄れば
1個1ユーロほどで食べられる
スップリ・アル・テレーフォノ。
ローマでは毎年スップリ祭りが行われるほど、
老若男女問わず大好きなこの一品を
是非ご家庭でもお試しください。

 

スップリとはsurprise(仏語でサプライズ)が訛ったもの。フランス軍人がローマで初めて食べた時、開けるまで中身がわからなかったため、surpriseと呼んでいたのがルーツだそうです。また、中に入っているモッツァレラチーズのトロ―っと伸びた様子から電話線のような(al telefono)と言われるようになりました。

 

【材料】分量: 約15個分  準備時間約30分 調理時間約40分

お米 250g
ひき肉 200g
トマト缶 300g
モッツアレラチーズ 150g
パルミッジャーノ・レッジャーノチーズ 40g
玉ねぎ 小一個
バター 30g
パン粉 適量
オリーブオイル(ひき肉炒め用) 少々
揚げ用油 適量
白ワイン ½カップ
野菜の出汁* 400g
塩 少々
胡椒 少々
*人参、玉ねぎ、セロリ、トマトでつくるイタリア野菜ブロード。市販の野菜ブイヨンまたは固形コンソメでも代用できます。

 

【作り方】

❶鍋にオリーブオイルをひき、玉ねぎが少々あめ色になるまで炒めます。

❷ひき肉を入れ炒めます。白ワインを入れアルコール分を飛ばしながら、出来るだけダマにならないように火を通します。

❸トマトソースを入れ、少々の塩、胡椒で味を調えます。蓋をして弱火で煮ます(約20分)。

❹お鍋に米をいれ、野菜出汁を足しながらかき混ぜ、水分が無くなってきたら、野菜出汁を足してかき混ぜを繰り返し、米をアルデンテまで煮ます。

❺火を止める少し前に、バターと粉状のパルミジャーノ・レッジャーノを入れ、味がなじむようにかき混ぜ、その後に良く溶いた卵*1個分を入れ、同様にかき混ぜます。*卵を入れなくても十分美味しく出来ます。土地によりますが、❼の形を作る前に卵を入れる場合もあります。

❻トマトとひき肉の味がしみ込んでできたお米を冷やします。

❼お米を卵型にし、中にモッツァレラチーズを入れ、形を整えパン粉をまぶします。

❽油で表面が小麦色になるまで、カリッと揚げます。

❾スップリを取り出し、余分な油を落とせば、できあがりです。

ボナぺティート!!

今回はスップリのオリジナルレシピのご紹介ですが、名前の由来通り、お米の中に入れる食材を変えても良し、冷蔵庫の残りものとお米で作っても良しなので、色々アレンジしながら楽しんで作ってみてください。

(記事:LeMuese-JapanItaly)

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要