世界一名の知れた料理、カルボナーラ!

世界中の誰もが耳に口にしたことがある、
知っている一品といえば、カルボナーラ!
アメリカ軍説、または炭焼職人説、
卵半熟派、パンチェッタ派など賛否両論。
その本場の味をローマで味わおう!

 

ミシュランの星付シェフから家庭までイタリア料理の代表でもある、全世界で知られている一品。
人々から愛されているこのカルボナーラを食べずにイタリア旅行を終えることはできないでしょう。

カルボナーラは作る人によって使う材料や調理の仕方が異なります。それが楽しみでもあり、このお皿がたくさんの人達に愛されている理由ではないでしょうか。
パスタも日本で好まれているスパゲッティからローマの食堂で昔から食されているショートパスタのメッゼ・マニケ(半袖の意味)、リガトーニ(線が入っている)、トンナレッリ(卵入りロングパスタ)等など、様々な種類が使われます。

また、材料で欠かせないのはお肉!パンチェッタ(日本で俗にいうベーコン)が使われていると日本の皆様は思っているのではないかと思いますが、イタリアでは『カルボナーラにはパンチェッタはノーーーーー!』っていうローマの熱狂的なカルボナーラ好きもいます。
ではあの本場の味を出すには何を入れるかというとこのグアンチャーレを入れます!

 

その本場の味を楽しめるのが地元の人や政治家にも愛されている1963年から創業のこのお店『トラットリア・ダル・カヴァリエール・ジーノ』。
内装もイタリアの数十年前にタイムスリップしたような気持ちにさせる大衆食堂感抜群の落ち着きやすい雰囲気を醸し出しています。

実際のお味はというと?
63度以下で熱された、凝固していないクリーミーな卵と油を若干抜いた香ばしいグアンチャーレで絡めた、アルデンテ(歯ごたえのあるの湯で加減の意味)に茹で上げたスパゲッティは非常においしいです。

カルボナーラの出来をオーナーさんに褒めると満面の笑みで『おいしいアンティチョークもあるのよ』と言いながら作り方を教えてくれました。

<材料>一人当たり
スパゲットーニ グラニャーノIGP**(スパゲッティより大きめのパスタ)100g
卵 1個
パルミジャーノ・レッジャーノDOP* 30g
ペコリーノ・ロマーノDOP* 30g
グアンチャーレ(豚の頬肉を塩漬けして熟成させたもの)30g
ブラックペッパー 少々

*DOP=原産地呼称名称保護の意味
**IGP=保護地域表示

カルボナーラの付け合わせには最高のローマ風アンティチョーク。
ローマ近郊の代表的な白ワイン、フラスカーティ・スペリオーレなど手軽な375mlのハーフボトルで料理との愛称を楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

【レストラン情報】
Trattoria dal cavalier gino(トラットリア・ダル・カヴァリエール・ジーノ)
HP: http://www.ristoranteparlamento.roma.it/
住所:Vicolo Rosini, 4, 00186 Roma
電話番号:(+39)06-687-3434

(記事:ESPERTOCIBO)

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要