パスタ・ンカッシャータ
Pasta ‘ncasciata
シチリアの有名すぎる小説にも登場!
シチリア家庭料理パスタのオーブン焼き

シチリアの代表的な家庭料理の一つ。
“’ncasciata”はシチリア弁で「ミックスされた」
という意味で、もともとは冷蔵庫にあるものを
ミックスして作ったのが始まりです。
シチリア島内各地で様々なレシピが存在しますが、
今回は東海岸のメッシーナという地域を中心に
作られているレシピをご紹介します。
(TEXT BY:サエコ)

 

【材料(4~5人分)】
*パスタ 350g
卵 2個
ナス 約450g
**玉ねぎ 約35g
**人参 約35g
**セロリ 約35g
合挽きミンチ 350g
トマトピューレ 400g
ハム 100g
***カチョカヴァロチーズ 100g
粉チーズ 適宜
パン粉 適宜
エクストラヴァージンオリーブオイル 適宜
塩 適宜
こしょう 適宜

<memo>
*パスタは、マッケローニのような筒状のショートパスタが適しています。今回使ったのはセーダニ・リガ―ティと呼ばれるパスタです。

**玉ねぎ、人参、セロリは3つあわせて約100gになればOK。セロリがない場合は、玉ねぎと人参で100gでもOKです。

***カチョカヴァロチーズが見つからない場合は、他のお好みのチーズで構いません。日本で手に入りやすいチーズでは、モッツァレラチーズでも美味しく作れます。

 

【作り方】

1)ナスを1cm×1cmほどのサイコロ状に切る。余分な水分を取り除くため、ざるに入れ、塩をまぶして30分から1時間ほどおく。

 

2)水気を切ったナスを多めのオリーブオイルで素揚げにする。表面がきつね色になってきたら、キッチンペーパーを敷いた皿にあけ、余分な油をとる。

 

3)深めの鍋にオリーブオイルを薄く敷き、みじん切りにした玉ねぎ、人参、セロリと合挽きミンチを炒める。ミンチには軽く塩こしょうをする。ミンチの色が変わったらトマトピューレを入れ、1時間弱煮込む。

 

4)煮込んでいる間に、ゆで卵をつくり、パスタを茹でる。ゆで卵、ハム、カチョカヴァロチーズをサイコロ状にカットする。

 

5)パスタ、2)の素揚げしたナス、3)のソース、ゆで卵、ハム、カチョカヴァロチーズを大きめの皿で混ぜ合わせる。ソースはおたま1杯分を残しておく。

 

6)耐熱皿の表面にオリーブオイルを薄く敷き、軽くパン粉をまぶす(あとで皿から取りやすくするため)。5)を入れ、だいたい五分目まで入れたら、全体に粉チーズを振りかける。

 

7)5)を全部入れたら、最後に残しておいたソースを上から掛け、粉チーズとパン粉をまんべんなく振りかける。

 

8)180度のオーブンで20~25分ほど焼く。(オーブンによって異なりますので調整してください)

【作り方のコツ】

・ナスの素揚げの工程は、前日に仕込みをしてもOK。むしろ前日から仕込んだ方が、しっかり油が切れ、柔らかく仕上がります。

・パスタは、オーブンでも焼くので、少々固めに茹でます。

・耐熱皿に入れる工程で、途中で粉チーズを振りかけることで、下の方までチーズが行き渡るようにします。

・おたま一杯分のソースを残しておき最後に上からかけると、焼いている間に乾燥しにくくなります。どうしても乾燥するという場合は、最初はアルミホイルを掛けて、最後の5分ほどはアルミホイルを外して焼いてみてください。

 

【料理にまつわるエピソード】

シチリア人有名作家アンドレア・カミッレリの代表作『モンタルバーノ警部』シリーズにも登場し、全国的に知られるようになりました。お手伝いさんが冷蔵庫にあるもので作ってくれたパスタ・ンカッシャータを、主人公モンタルバーノは大絶賛しています。このシリーズに登場したものも、メッシーナのレシピです。

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要