南イタリア随一のリゾート地
「カプリ島」
大人気の青の洞窟をはじめ
隠れた名所や穴場スポットをご紹介!

丘に広がる白い街並み、洗練されたファッション、
そして青の洞窟といえばカプリ島。

島内はさまざまな観光名所で溢れており、
多くの芸術家、貴族、そして現代の欧米セレブリティが
好んで滞在するリゾートとして世界中にその名が知れ渡っています。

 

『カプリ島』ってどんなとこ?

ナポリから40kmほど離れたところにある小さな島で、船のみでアクセスが可能です。島はマリーナ・グランデや超高級ブティック街のある「カプリ地区」と、白壁の民家が集まるのんびりした生活エリア「アナカプリ地区」に大分され、どちらを好むかは人それぞれ。
滞在を除くと青の洞窟のみを目当てに来る観光客が多い島ですが、緑の洞窟や白の洞窟など海面反射の美しい海食洞が無数にあり、島一周クルーズに乗船して見学できます。
さらに島の南西端にあるカラーラ岬周辺は、海水浴や夕日観賞に適したビーチが点在する穴場スポット。屋台のレモンジェラート、海の幸を使った地元料理は絶品です。

 

『カプリ島』の必見スポット

 

01.青の洞窟

必見度:★★★★★
アクセス:ブルーラインに乗船 €13.50
言わずと知れた大人気の洞窟。全長は70m。入り口の高さは1mほどしかなく、時期にもよりますが満潮時や強風時などはクローズする率が高いので入れたらラッキーです。特に冬場は気候が不安定なため、狙うなら夏場がおすすめ。事前に天候などを調べてから行くのがベターですが、入れるか入れないかは現地に行ってからしか分かりません。運試しのつもりでチャレンジしてみては。なお、陸路からのアクセスも可能ですが、最後は小船に乗らないと入れないので注意。

 

02.ファラリオーニ

必見度:★★★★★
アクセス:イエローラインに乗船 €17.00
カプリ島の南東部の沿岸近くにある三つの岩。アウグストゥス庭園からもよく見えますが、イエローライン(島1周クルーズ)に乗船すると岩に開いた穴を潜ってくれます。

 

03.アウグストゥス庭園

必見度:★★★★★
アクセス:Via F.Serena → Via Matteotti €1.00
ウンベルト広場から徒歩15分。庭園は花で彩られていてとても綺麗ですが、目玉は敷地内の展望台です。ヴィア クルップとファラリオーニを望む最高のスポットで、断崖絶壁の景観を堪能できます。

 

04.ヴィア クルップ

必見度:★★★★★
アクセス:アウグストゥス庭園から望む €1.00
ドイツ人の実業家が造ったというループ式歩道。断崖絶壁に刻み込まれた景観は計算し尽されていて圧巻です。アウグストゥス庭園の展望台から見下ろせます。

 

05.ソラーロ山

必見度:★★★★★
アクセス:アナカプリからリフト 往復€10.00
カプリ島最高峰のソラーロ山(589m)。南側が絶壁になっており、アナカプリ地区からリフトで山頂に行くと爽快な景色が楽しめます。また、イエローラインに乗ると迫力ある絶壁を海から見上げることができます。

 

06.緑の洞窟

必見度:★★★★
アクセス:ボートをチャーターする
青の洞窟の知名度に隠れた穴場。中に入るにはボートをチャーターする必要がありますが、イエローラインに乗船すると入口で停泊するので、エメラルドの澄んだ海面を撮ることは可能です。

 

07.白の洞窟

必見度:★★★★
アクセス:イエローラインに乗船 €17.00
海食洞ではなく、白い鍾乳石が天井から無数に垂れ下がる鍾乳洞。入り口から上を見上げるとマリア像に似た石筍があり、人気を集めています。周辺の海は白ではなく、エメラルドに近いです。

 

08.ステファノ教会

必見度:★★★★
アクセス:ケーブルカー 片道€1.80
毎時0分に鐘が響く、ウンベルト1世広場にある時計塔。紀元前6世紀に古代ギリシャ人が建てた城壁を使っており、建物の裏側にその面影を見ることができます。

 

09.ヴィア カメレーレ

必見度:★★★★
アクセス:Via F.Serena → Via Camerelle
カルトゥージアの香水にその名が使われる、カプリ島メインストリート。超有名ファッションブランドが軒を連ねるイタリア有数のブティック街で、カプリ島限定の商品がずらりと揃っています。

 

10.アナカプリ地区

必見度:★★★
アクセス:バスで15分
ブティック街の喧騒から離れ、のんびり遊歩道を歩きたい人におすすめ。バスは断崖絶壁を走っていくため景色を楽しめますが、アナカプリ自体は起伏がなく平坦な街です。

 

11.カレーナ岬

必見度:★★
アクセス:アナカプリからバスで20分
イエローラインに乗船すると間近を通過するので、泳がない人はその方がおすすめです。岬に建つ灯台はイタリア有数の規模を誇ります。バスで訪れる観光客は少なく、隣接するビーチは比較的人が少なく穴場です。

 

12.天然のアーチ

必見度:★★
アクセス:イエローラインに乗船 €17.00
カプリ島の西海岸には自然の力(侵食・風化)で出来た石灰岩の陸橋があり、海から見上げることができます。それほど間近に望めるわけではありませんが、自然の造形の凄さは十分伝わってきます。

 

13.スクニッツォ

必見度:★
アクセス:イエローラインに乗船 €17.00
カプリ島北西端にある若い男性像。海に突き出した岩の上に腰掛けて、沖に向かって敬礼しています。2つの湾(ナポリ、サレルノ)からやってくる船舶に挨拶しているのだそう。

 

『カプリ島』のおすすめショップ・レストラン

 

 

ブオノコーレ
アクセス:ウンベルト広場 → Via F.Serena 住所:Via Vittorio Emanuele 35
トリップアドバイサー1位、話題のお菓子屋さん。ジェラートが目玉商品ですが、Caprilu’と呼ばれるレモンパイが絶大な人気を博しています。「TAVOLACALDA GELATERIA」の看板が目印。

レモンスタンド
アクセス:Via F.Serena → Via Matteotti
アウグストゥス庭園に行く途中にあるレモン専門屋台。レモネードを売るお店は無数にありますが、その中でもここは人気が高く曇りの日も行列ができるほどです。ジェラートかシェイクが定番です。

da paolino
レモンの木に囲まれた庭で、レモンの木の下で食事ができるレストラン。著名人も多く訪れる人気店。6~10月のディナーのみの営業なので注意。
住所:Via Palazo a Mare 11
HP: https://paolinocapri.com/en/

Ristorante Al Caprì
海の見えるテラス席があるモダンな雰囲気のレストラン。新鮮な魚介を使ったカプリらしい料理が食べられます。
住所:Via Roma, 38
HP: http://www.ristorantealcapri.it/

Ristorante Buca di Bacco
ウンベルト広場近くの路地、マリーナグランデを見下ろす家族経営のピッツェリア。
住所:Via Longano, 35

Il Verginiello
海を見下ろす景色のよい郷土料理レストラン。ウンベルト広場近くにあり、バスターミナルの隣りという分かりやすい立地です。
住所:Via Lo Palazzo 25

Villa Verde
カプリ島中心部にあるレストラン&ピッツェリア。中庭にはテラス席もあります。冬季は月曜が定休日なので注意。
住所:Vico Sella Orta 6
HP: http://www.villaverde-capri.com/

Ristorante Il Cucciolo
地中海の郷土料理が味わえるお店。緑に囲まれた静かな地区にあり、ナポリ湾を一望できます。予約必須なので注意。
住所:Via La Fabbrica 52
HP: http://www.cucciolocapri.com/

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要