ベネチア散歩
迷宮都市の魅力

水の都 アドリア海の女王 
ベネチアを彩る言葉として
もう一つ忘れてはならないのが「迷宮都市」
道に迷って歩いてみれば、思いもよらない出会いがあることも
想いのままにベネチア散歩を楽しみましょう

◆ヴェネツィアの運河のなりたち◆

ヴェネツィアの地図を眺めてみると、ヴェネツィアは街中に運河がはりめぐらされています。
一般的に「運河」というと、人工的に掘ったものが多いですが、 ヴェネツィアの場合は違います。

ヴェネツィアは、本来、人が住むには適さない、泥と砂できた「潟」(ラグーナ)。
その地中深く、固い層まで木の杭を打ち込み、 その上に海水に強い石を敷いて土台を作り、建物を建てていったのです。

「潟」(ラグーナ)は、水の浄化作用によって環境を維持しています。 その水の流れを堰き止めたり、無理矢理変えてしまうと、 衛生状態が悪化して疫病が流行るなどの悪影響が出てしまいます。

このため、本来の水の流れをそのまま残す必要がありましたが、 数多くの島からできている街中を、歩いて隣の島との行き来ができるよう、 橋が架けられました。

このようにしてできたヴェネツィアの運河は、 「潟」(ラグーナ)を健全に保つための天然の水路なのです。

 ◆通りの呼び名◆

ベネチアの街を歩いていると、壁にいろいろな名称が書かれているのが目につきます。

イタリアの都市では「通り」を表す”VIA”や”VIALE”などがよく見られますが、 ベネチアの場合は同じ「~通り」を表す言葉でも、多くの種類があります。

◇CALLE(カッレ)…一般的な道。

◇FONDAMENTA(フォンダメンタ)…運河沿いの道

◇RAMO(ラーモ)…枝状に分岐している道。

◇RIO TERRA(リオ・テッラ)…もともと運河だったところを埋め立てた道。

◇RIVA(リーヴァ)…フォンダメンタより広く、船がつけられるような広い道。

歩きながら、その違いを実際に確かめてみてはいかがでしょうか?

 街を彩る路地と小運河

ベネチアの街中に張り巡らされている小運河と小路。運河は蛇行しているので、川沿いに北に向かって歩いていると思ったら、いつの間にか南に向かっているということも。迷子になったその時が、ベネチアの本当の魅力に出会える入口です。裏道を歩いていたら素敵なショーウィンドウに出会ったり、思わぬ掘り出し物に出会えることも・・・?

参考文献:「迷宮都市ヴェネツィアを歩く」(陣内秀信著)

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要