トップページ » 旅情報 » チップってどれくらい必要?

チップってどれくらい必要?

ユーロコイン

チップは「気持ち」なので、強制でもなく、決まった金額はないのですが、目安として、ポーターに荷物を運んでもらった際などは、スーツケース1つに付き1ユーロ、タクシーなどでは端数を切り上げる程度、例えば8.60ユーロなら9ユーロ、10ユーロを渡して、お釣りは受け取らないなどが普通です。オペラ鑑賞などで、案内人が席まで案内してくれた場合も、1ユーロほどチップを渡す習慣があります。

ホテルのベッドメイキング(清掃)の人に置く、いわいる「まくら銭」は、置くのでしたら50セント~1ユーロ程度を、枕の上(枕の下に置く人もいますが、気付かずにシーツ交換の時、一緒に巻き込まれることがあります)か、サイドテーブルの上に置きます。中には受け取らずに、そのまま置いたままにするメイドさんもいます。逆に部屋に自分のお金を置いたままの場合、チップと勘違いして持って行かれることもあるので、チップのつもりがなければ現金は部屋には置かないようにしてください。

レストラン等では多くの場合、サービス料(チップ)は請求金額に含まれています(15%、伝票にServizio Inclusoと記載)が、「気持ちよく食事が出来て満足」という場合には、端数を切り上げて支払うのがスマートです。46ユーロが請求額でしたら、50ユーロ支払い、「お釣りはいらない」とすればスマートです。チップが含まれていない場合は、ウェイターが「サービス料(チップ)は含まれておりません」と強調するので、その場合は5%ほどを上乗せし、端数の出ないように支払えば結構です。

カードで支払う場合、ウェイターが持ってくる伝票の合計欄が「空欄」の場合があります。その際は暗にチップを要求されています。合計欄上にある「チップ欄」に金額を自分で書き入れ、合計金額を書き入れれば、チップもカードで支払えます。その際も、端数を切り上げが基本で、67.39ユーロの請求であれば、チップ欄に1割程度で、端数をなくす金額、例えば7.61ユーロを書き入れ、合計金額に75ユーロと書けば、計算も楽で、スマートです。その際、セントの単位「00」を忘れずに書いてください。単に右詰で「75」と書いてしまうと、「75セント」ということになるので、75ユーロの場合は、「75.00」と書くように注意してください。

もちろん、請求金額だけをカードで支払い、チップを現金でテーブルに置いてもかまいません。その際は、チップ欄には「0」か横線を入れ(その時のウェイターの顔が怖いかもしれませんが)、合計金額欄に、請求金額をそのまま書き入れます。

br
お問い合わせはここクリック
写真1
写真2





フィレンツェ
東京発 5日間
燃油込み10.38~25.88万円
写真1
写真2





ベネチア
成田発 5日間
燃油込み10.48~25.38万円
写真1
写真2





バルセロナ
東京発 5日間
燃油込み10.48~25.58万円

appeal

1. 自分たちだけのオリジナルの旅、オーダーメイド

旅程を自由自在にアレンジできる、究極の個人旅行。お客様のご要望を100%活かした「世界に1つだけのオーダーメイド」を実現します。ご予算に合わせた最適なプラニングが可能。ぜひご相談ください!

2. パッケージツアー = 個人パッケージ旅行のこと

当社パッケージツアーはすべて個人旅行。添乗員付きの団体ツアーとは違い、 他のツアー参加者に気を遣う必要がありません。 気の知れた仲間同士、自分たちのペースでご旅行をお楽しみいただけます。

さらに当社では、芸術観賞・ウォーキング・専用車での送迎など、イタリア各都市発オプショナルツアーが豊富!パッケージツアーが旅行のメインディッシュとすれば、現地オプショナルツアーはサイドメニューのようなもの。上手に組み合わせて「美味しい」旅行を創るのがコツです!

3. もちろん、現地のみの手配ご希望もOK!

パッケージツアーにお気に入りが見当たらない。そんな時は、現地オプショナルツアーチケット予約だけお申し込みください☆オーダーメイド手配のノウハウを活かし、様々なニーズに対応いたします。

4. ご出発まで専属のベテラン担当者がご案内

個人旅行では事前の下調べが重要。 当社ではお申し込み後からご出発まで、イタリア・フランス滞在経験豊富なスタッフがお客様の専属担当者となり、全力でサポートいたします。
br