二度目のミラノにオススメ!ミラノの穴場観光スポット7選

デザインとファッションの街ミラノ
知れば知るほどおもしろくなるような
隠れた穴場スポットをご紹介
ドゥオモと最後の晩餐とショッピング
それ以外の楽しみ方を
見つけてみませんか

ナヴィリオ地区

今は大部分が埋め立てられてしまいましたが、昔、ミラノには運河がいくつかありました。ミラノは大理石などの資源が豊かでないため、運河を利用し、地方から資源を運びいれていました。運河は大聖堂付近までのびていて、大聖堂を建築していた頃はその運河を利用し、大理石などを運び入れていたそうです。

現在でも運河の残る地区が、このナヴィリオ地区です。運河沿いにはバールやレストランが建ち並び、夜はアペリティーボや食事を楽しむミラネーゼであふれかえります。

ブレラ絵画館

ブレラ大学内にある美術館。マンテーニャの「死せるキリスト」、カラヴァッジョ『エマオの晩餐』 、ラファエロ「聖母の婚礼」、フランチェスコ・アイエツ「接吻」など名作揃いです。

また、ブレラ地区はミラノの中でも唯一、といっていいほど、イタリアらしい地区。ミラノにはあまり石畳などがなく、舗装された道がほとんどですが、この地区には石畳などがあります。

 

 

Colonne_di_San_Lorenzo

コロンネ・ディ・サン・ロレンツォ

ミラノは近代的な街ですが、実はこのような遺跡が、現在も街中にも残っています。

大聖堂から伸びるVia Torino。ミラノ有数のショッピングストリートを10分ほど歩くと、突如この柱が現れます。なんの前触れもなく、比較的近代的な建物が並ぶ中にあるので、初めて見る方は驚くでしょう。

この柱は、ローマ時代、3世紀ごろの建造物といわれています。柱の総数は16本、高さは8.5メートルと、見上げるくらいの高さです。

この柱は元々、マッシミアーノ皇帝の指示で造られたテルメ(温泉)、もしくは闘技場を囲んでいたものと言われています。ただ、どこのテルメだったのか、などは不明です。4世紀、柱のすぐ横にあるサン・ロレンツォ・マッジョーレ教会を建てる際に、現在の場所に運ばれてきました。

現在は、イベントが行われていたり、夜は友人と集まってお酒を飲むなど、ミラネーゼにとっての憩いの場となっています。

場所:Corso di Porta Ticinese 39 Milano

Anfiteatro_romano

アンフィテアトロ・ロマーノ

古代ローマ時代の2~3世紀に建造された、劇場・闘技場の跡地です。

現在は写真のようなものしか残っていませんが、昔はローマのコロッセオのような形をしていた、とされています。

では、なぜミラノの闘技場は、このように取り壊されてしまったのか。

キリスト教がどんどん普及する中、宗教観念から反する、とされていた闘技場(劇場)は、市民から見放されていき、やがて、完全に見捨てられました。

ミラノは資源が豊富な都市ではありません。そこで、先ほどのコロンネ・ディ・サン・ロレンツォに隣接するサン・ロレンツォ・マッジョーレ教会を建設する際に、悲しいことに採石場として注目されたのが、このミラノの闘技場でした。

闘技場の石を教会建設で再利用されたため、サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会では今も、闘技場から持ってきた石を使った部分がわかるそうです。

なお、このアンフィテアトロ・ロマーノには、博物館も隣接しています。ローマ時代の出土品など、貴重なものが展示されていますので、ぜひお立ち寄りください。

場所:Via De Amicis 23 – Via Arena Milano

Milan_Casa_di_riposo

音楽家のための憩いの家

イタリアを代表するロマン派音楽の作曲家・ジュゼッペ・ヴェルディ。

恵まれない環境の音楽家に手を差し伸べることができたら、そんなヴェルディの思いから自身が建てた、音楽家のための保養所です。

ヴェルディは、慈善事業だ、と言われるのを嫌ったため、この施設を生前にはオープンさせず、没後1年経った1902年にオープンしました。

数あるオペラの名作を作曲したヴェルディですが、
「私が作った作品の中で、最も愛している作品は、ミラノに造らせた保養所だ」
というヴェルディの言葉が残されています。

敷地内にはヴェルディの墓があり、ヴェルディが愛した3人の女性、最初の妻マルゲリータ、歌手で長年ともにしたジュゼッピーナ・ストレッポーニ、晩年の愛人で、オペラ「アイーダ」のイタリア初演の時タイトルロールを歌ったチェコ出身の歌手テレサ・シュトルツと共に埋葬されています。

現在もこの保養所には約50人の老音楽家が、暮らしており、中のホールでは、若手音楽家のコンサートが開かれます。

場所は地下鉄1番線のbuonarroti駅を降りてすぐです。

ミラノの壁と門

ミラノをご旅行されたことのある方でしたら、いくつか、凱旋門のような門を見たことがあるかもしれません。実はミラノにはこのような門が、たくさんあります。

ミラノは昔、壁に囲まれた城塞都市でした。その壁は大きく分けてローマ時代(Mure Romane、Mure Massimiane)、中世、スペイン統治時代の3つの時代に建設されています。

壁に覆われていたため、外からミラノ市内に入るには、門をくぐらないと入れないようになっていました。

壁と門は、今はもう取り壊されているのがほとんどで、先ほどのローマ劇場跡のように、再利用されているものも多いようです。

写真は、センピオーネ門。近年修復も終え、とてもきれいな状態で残っています。名前のとおり、センピオーネ公園の入り口にあり、目の前の広場にはバールなどが建ち並んでいるため、外でお酒を飲みながら眺めることができ、とても解放感があります。

その他、ポルタ・ティチネーゼ(中世とスペイン統治時代)、ポルタ・ヌオーヴァ(中世とスペイン統治時代)、ポルタ・ガリバルディ、ポルタ・ヴェネツィア、ポルタ・ロマーナなど、地下鉄駅になっている門も現存しています。

トッレ・ブランカの展望台

センピオーネ公園にある塔「トッレ・ブランカ」1933年にミラノで行われているトリエンナーレの5回目の開催を記念して、建てられました。

高さは108.6mと、あまり高くはありませんが、天気がいい日にはミラノの街並みだけではなく、アルプス山脈も眺めることができます。

ミラノの街中を歩いていても、生活をしていても、ほぼ目に入りません。あまり高くないので周りの建物にさえぎられて、まったくといっていいほど見えないのです。

夜0時まで営業しているので、夜景を見に行くのもオススメです。

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要