海の都ヴェネツィアへ
今も昔も世界中の旅人を
魅了し続ける街で
自分なりのヴェネツィアを
探す旅に出てみませんか

隣りあった数百もの島々が橋と橋でつながれた
奇跡の都市ベネチア
人気のない早朝や夜中に路地裏に足を踏み入れれば
中世に迷いこんだかのような錯覚に陥るほど
旅をする毎に街はきっと
その表情を変えることでしょう

venezia


1000年続いた共和国・ヴェネツィア

イタリアは19世紀に統一されるまで、各地に都市国家が栄えていました。
イタリアが争いに明け暮れた戦乱の時代にも1000年という長い年月にわたって共和制を維持し続けたのがヴェネツィア共和国です。

その起源は、蛮族の侵入により陸地から追われた人々がラグーナ(潟)に逃げ込み、 住み着いたことに始まります。

その後、ビザンチン帝国の管理下から独立し、海上貿易により、狭い領土ながらも経済力のある共和国へと発展していきました。東ローマ帝国分割で莫大な利益を獲得し、政治的にも地中海地域でヨーロッパ最大の勢力を誇るようになりました。

独自の政治体制を持ち、各国の商人達が行き交う国際都市となったヴェネツィア。
政治を動かした貴族たちは、競って運河に面した美しい邸宅を建て、現在もその姿を残しています。

やがて大航海時代が訪れると、地中海貿易にも陰りが見え始め、ヴェネツィア共和国は徐々にその国力を失い、18世紀末ついにナポレオンの手におちます。

それからはオーストリア領になるなど、外国支配を受けますが、1866年にイタリア本国に編入され、現在はイタリア屈指の観光都市となっています。

サンマルコ広場をはじめ、リアルト橋、アカデミア美術館、カルネヴァーレやレデントーレのお祭りと今もなお、街のあちこちにその歴史の残り香を感じます。
また年間を通してビエンナーレや映画祭などの国際的なイベントが開催され、モダンアートやコンテンポラリーアートの分野でも、その先進性を世界に発信し続けています。

サン・マルコ広場周辺

ヴェネツィアの観光の中心。ナポレオンが「世界一美しい」と称えたといわれています。
ヴェネツィアの守護聖人であるサン・マルコを祭る寺院のモザイクは圧巻。また、広場を囲む旧政庁と新政庁の建物の前には、老舗のカフェがあり、ミニオーケストラの演奏が見られます。
寺院の横にあるのが、共和国時代の政治の中心パラッツォ・ドゥカーレ。ここはわかりやすく言うと、共和国時代の「国会議事堂」「首相官邸」「拘置所」が一緒になった建物です。ヴェネツィア共和国の歴史がここに詰まっているといっても過言ではありません。

リアルト橋


サン・マルコ広場から、昔からの目抜き通りメルチェリアを抜けると、10~15分のところにリアルト橋が姿を現します。ヴェネツィア本島の真ん中を蛇行している大運河(カナル・グランデ)に架かる4本の橋のうちで、最も美しい橋と言えるでしょう。
橋の上にはおみやげ屋さんが立ち並び、運河に面する側にはいつも写真を撮ろうと観光客がごったがえしています。昼は観光客で賑やかなリアルト界隈ですが、夜になると地元の人も集まるバールやバーカロ(ヴェネツィア独特の立ち飲み居酒屋)なども多い場所です。


サン・ジョルジョ・マッジョーレ島

ヴェネツィアに行って、サン・マルコ広場の鐘楼にのぼる人も多いのではないでしょうか。
確かにサン・マルコの鐘楼からの景色もきれいなのですが、もっとおすすめなのが、サン・マルコ広場の対岸にある、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島。『ジョジョの奇妙な冒険』第5部「黄金の風」でブチャラティがボスと戦った場所としても有名です。

パッラーディオが建築した教会の鐘楼からの眺めは息をのむ美しさ。サン・マルコ広場の鐘楼やサルーテ教会はもちろん、ヴェネツィア全体360度の大パノラマが広がります。眼下に広がるカナル・グランデには無数に行きかう船の数々、晴れた日には、街の向こう、はるかリド島の奥まで見渡すことも。
大絶景をくれぐれもお見逃しなく!

ムラーノ島

裕福な王侯貴族に愛され、大変な富を共和国をもたらし続けたヴェネツィアンガラス。
その優れた技術が国外に流れ出ることのないよう また 本島を火災から守るためにガラス製作はムラーノ島でのみ許可されました。

今はすっかりのどかな街。店頭には色とりどりなガラスから繊細なレースガラスまでたくさんの商品が並びます

ブラーノ島

SANYO DIGITAL CAMERA

ヴェネツィア本島の北にある小さな島。赤・青・黄色・ピンク・緑など、鮮やかに彩られたカラフルな家並みが立ち並びます。

長い漁に出て、港に戻った漁師たちが霧が出たときに自分の家を見分けられるよう家の壁をカラフルに彩ったというのが一説。
伝統工芸品のレース編みがさかんだったことから、レース博物館もあります。また、隣の島には公園や芝生があり、のんびり過ごしたり地元の人の生活を垣間見ることもできますよ。
一歩きすればあっという間に見どころをまわってしまえるほど小さな街ですが、その街並みは一見の価値アリ!

トルチェッロ島

Torcello

ブラーノ島の近く、今では人口もほとんどいない島となってしまいましたが、ここはヴェネツィア共和国の発祥の地。サンタ・マリア・アッスンタ聖堂はヴェネツィアで最も古い教会で、ひっそりとした島からは想像できない、豪華なモザイク画が見られます。

ブラーノ島とは目と鼻の先。鐘楼に登ると、ブラーノ島のカラフルな家と、ラグーナの原風景が見られます。
ブラーノ島とトルチェッロ島をまとめてまわるのも一つですね。

 

ヴェネツィア・基本情報

<最寄り空港>
マルコ・ポーロ空港
<主な国鉄駅>
サンタ・ルチア駅
(フィレンツェ、ミラノ、ヴェローナ等への特急、 ローカル線が運行)

<市内交通>
水上バス(ACTV社)
*ベネチア本島は、ローマ広場を終点に 車が乗り入れることができません。
運河を水上バスで移動するか、 橋で結ばれた島の上を徒歩で移動します。
サン・トマ、カ・ドーロ等の大運河の渡し場では、トラゲットといわれる ゴンドラで大運河を渡ることができます。

<ベネチアのお土産>
*ベネチアングラス
サン・マルコ広場の「パウリー」など、島のあちこちに専門店があります。
ガラス工房が立ち並ぶムラーノ島では、 本島より割安に買えることもあるようです。
中国製のものも多数出回っているので、料金が安すぎるものはタグをチェックしましょう。

*レース細工
ベネチアン・レース発祥の地ブラーノ島には、博物館を併設した専門店があります。
安価な品は中国製のことがあるので 購入前に品質表示をチェックすることをおすすめします。

熟成されたプラニングは、旅の印象を大きく変えます

 旅は思い立ったが吉日。ハネムーン、記念日、現実逃避(!?)したい時など、現地でどんなコトをしてどんなモノに出会いたい等、お聞かせいただいたリクエストに合わせて個別にお手配いたします。もちろんのこと、お客様専任の担当スタッフ無料にてお見積り。このスケジュールでこの区間の移動は可能?といったご質問には、過去在住歴の長いスタッフが丁寧に回答いたします。

 当店のオーダーメイドでは、必ずご提示された予算に合わせてプラニングいたします(ここは極力安く抑えたい、などのリクエストも可能です)。無駄は省いた上で本当に必要なものを選ぶプラニングから、一生に一度行ってみたい超豪華旅行まで、ヨーロッパ個人旅行に関する幅広いノウハウを保有しております。

当サイトのパッケージツアーは、旅プランの見本です

 当店は個人旅行の専門。端的にいえば、オーダーメイドご依頼が多い訪問都市を分析し、長年定評のあるオプションと合わせて経済的に組み立てた旅プランがパッケージツアー、ということになります。旅のイメージが全くわかない時は、海外ツアー検索で目に止まったツアーのスケジュールを参考にしてみるのも良いかもしれません。旅の出発/到着空港は国内地方はもちろん、海外発着でも可能です。

 初めての個人旅行となれば、現地でのサポートが何かと心配になるもの。当店は現地オペレーターと提携しており、ご出発前にお渡しする資料には24時間、日本語対応可能な緊急連絡先が含まれます。もちろん海外旅行保険の手配も可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい!

* の付いている項目は必須です

フライト希望 フライト不要